利回りくんの評判・口コミは?不動産のプロが利回りや会社の安定性を解説

「利回りくんは応援型不動産クラウドファンディングっていうけど、本当に儲かるの?」

「芸能人のプロジェクトに応募したいけど、今からでも大丈夫?」

利回りくんについて、このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

利回りくんは、「社会貢献・地域創成・誰かの夢に」「不動産の媒体を通じて応援する」というコンセプトを持つ、従来の不動産投資型クラウドファンディングとは違った新しいサービスです。

そのため、利回りくんで投資をすることに慎重になる方が多いでしょう。

「利回りくん」という名称イメージとサービスコンセプトが一致していないことも、投資家を混乱させている要因のひとつかもしれません。

利回りくんでは、1口1万円から不動産投資ができる上に、有名人のプロジェクトに応援投資ができる案件もあります。

投資案件を見るだけでも、とても面白いサービスだと感じる方も多いのではないでしょうか。

利回りくんは収益性の高そうな不動産にただ投資するのではなく、不動産を通して社会貢献・地域創生したい方や夢を叶えたい方に、不動産を使ってもらうことで収益を得る仕組みです。

このように、「生きたお金の使い方」ができるユニークなサービスですが、肝心な利回り水準や元本割れリスクなどをしっかり検証してから出資する必要があります。

この記事では、利回りくんの評判・メリット・注意点などを詳しく説明していきます。

投資を通して社会貢献をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。 TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

利回りくんは怪しい?どんな仕組み?評判と口コミを掲示板やTwitterから紹介!

利回りくんの会員数は、2022年12月時点で約22万人もおり、今も順調に登録者数を増やしています。

ここからは、利回りくんの良い口コミだけでなく悪い口コミも紹介していくので、参考にしてみてください。

利回りくんの良い口コミ・評判

まずは利回りくんの良い口コミ・評判を紹介します。

長期投資ができる

障がい者グループホーム収益物件が、最大25年5%で運用できる案件に投資しました。

運営会社と25年契約をしているから安心です。

キャンペーンがお得

不動産クラウドファンディングの会員登録と本人確認で、楽天ポイントがもらえました。

キャンペーン中でポイントが増量されていたのがうれしいです。

楽天ポイントがもらえてポイ活になる

銀行に1万円預けるなら、利回りくん1万円投資した方が金利は400倍になります。

運用と同時にポイ活もできて本当にお得です。

過去に元本割れがないのが安心

過去の投資実績のデフォルト率が0%で安心感があります。

利回りくんの悪い口コミ・評判

次に、利回りくんの悪い口コミ・評判を紹介します。

会員数は増えていますが、案件が少ないので投資に結びつきません。
投資期間が10年など長いものが多いので、本当にお金が返ってくるか不安です。

利回りが低く、1万円投資しても年に数百円にしかなりません。

振込手数料で利益がなくなります。

案件数がまだ少なく、投資ができない方もいるようです。

今後の案件の増加に期待しましょう。

利回りくんのメリットと特徴を一挙解説!

次に、利回りくんの4つのメリットについて紹介していきます。

  • 投資が社会貢献・地域創生に繋がる
  • ホリエモンなど有名人のプロジェクトに関われる
  • 1万円から投資可能
  • 楽天ポイントが貯まる

利回りくんのメリット・特徴1.投資が社会貢献・地域創生に繋がる

利回りくんの特徴は、運用資産が単純な収益不動産ではなく誰かの事業に活用される不動産であることです。

つまり、不動産投資を通して間接的に社会貢献・地域創生が実現できる「プロジェクト応援型のクラウドファンディング」と言えます。

空き家増加や高齢化問題に対応した社会貢献プロジェクトや、地方の工場の建設資金を捻出する地域創生プロジェクトなどがあります。

利回りくんでは投資家を「サポーター」と呼び、不動産を介して誰かの事業を応援するという世界観が特徴です。

利回りくんのメリット・特徴2.ホリエモンなど有名人のプロジェクトに関われる

利回りくんには、実業家・堀江貴文さんのロケット工場や、「株式会社ZOZO」元社長・前澤友作さん、「SHOWROOM株式会社」社長・前田裕二さんなどの有名人によるプロジェクトが登録されています。

「私はホリエモンのロケット開発に関わっている!」と友人に自慢することもできますし、サポーター特権として返礼が用意されているプロジェクトもあるのでかなり魅力的です。

しかも、不動産投資による一定の収益も期待でき、有名人を応援しながら自分もリターンを得るという二重のメリットを享受できます。

利回りくんのメリット・特徴3. 1万円から投資可能

実物不動産を取得する場合は、ローンを調達した上で数百万円から数千万円のお金が必要です。

多額であるため、投資に失敗したときのダメージは計り知れません。

利回りくんでは1口1万円からの少額投資が可能で、プロジェクトと不動産を特定した上で投資を行います。

そのため、「自分がこの事業を応援している」という実感が湧きやすいのが特徴です。

利回りくんのメリット・特徴4.楽天ポイントが貯まる

利回りくんで楽天IDを連携すると、3つの方法で楽天ポイントを貯めることが可能です。

毎日ログイン(出資済みの人限定)につき 1or2ポイント(出資額に応じる)
誕生日前後3日間のログインにつき 100ポイント
ファンドへの出資額に応じて 0.5%相当のポイント

特に出資額が大きくなった場合は、0.5%のポイントがかなりのメリットを生みます。

付与上限は1回の付与につき5万ポイントですが、投資リターンとは別に楽天ポイントがもらえるので得した気分になりますよね。

このポイントを使って楽天証券で投信を購入するなど、他の投資を行うこともできるので、非常に良いサービスです。

利回りくんに投資する人はここに注意!デメリットについても解説

次に、利回りくんにおける以下の注意点・デメリットについて紹介します。

  • プロジェクト数が少ない
  • 元本割れリスクがある

利回りくんの注意点・デメリット1.プロジェクト数が少ない

2022年12月時点で、31件のプロジェクトが登録されています。

ちなみに、有名人のプロジェクトは既に運用がスタートしているものばかりで、既存出資者が持分を売却しない限り出資はできません。

このプロジェクト数を増やすことが、利回りくんにおける当面の課題となっています。

利回りくんの注意点・デメリット2.元本割れリスクがある

利回りくんも不動産投資であるため、当然元本割れのリスクはあります。

利回りくんの場合、ひとつの物件にのみ集中投資している状況だと、その物件の評価がダイレクトに投資成績を左右します。

つまり、プロジェクトが失敗してテナントが退去した場合、物件価格は大幅な下落が想定されるというわけです。

利回りくんでは「優先劣後構造」を採用しており、投資家の元本の保全性を高めています。

優先劣後構造とは、投資家を優先出資者、運営会社を劣後出資者と定義して共同出資する仕組みのことです。

運営会社が劣後部分を5%程度保有することで、優先出資者の元本割れリスクを軽減しています。

物件価格が下落した場合、まず劣後部分が補填されて物件価格の5%の範囲内であれば優先出資者の元本は守られます。

しかし、不動産価格が10%~20%ほど下落することも十分あり得ます。

劣後出資割合が5%だと、少し心配な水準と言えるでしょう。

利回りくんの会員登録の方法を解説

利回りくんの会員登録は以下の3ステップで行います。

  1. 利回りくんのプロジェクトをチェック
  2. ホームページより会員登録
  3. 出資者情報登録

ステップ1.利回りくんのプロジェクトをチェック

まずは利回りくんのホームページで、どのようなプロジェクトがあるか把握します。

既に募集金額を超過しているプロジェクトも多いです。

ひとつひとつの案件に出展者の思いが詰まっているので、これらの思いに共感できるかどうかを考えてから、会員登録を行うようにしましょう。

ステップ2.ホームページから無料で会員登録

利回りくんのホームページから「会員登録」ボタンをクリックして、会員登録ページに移行します。

個人の場合は名前・メールアドレス・希望パスワードを記載し、同意事項のチェックボックスをオンにした状態で「送信する」をクリックすると、会員登録完了です。

ステップ3.出資者情報登録

マイページにログインして、「会員情報変更」から出資者情報の登録を行います。

本人確認は、eKYCを利用してスマホで完結できます。

利回りくんの運営会社情報

最後に、利回りくんを扱っている会社を紹介します。

運営会社である「株式会社シーラ」は、不動産売買やマンション開発を行っている会社です。

都心16区の一部大都市を中心に、最寄り駅から徒歩7分以内にある土地や物件の仕入れを行ってきました。

設立から10年以上事業を継続していることや、資本金が1億円以上あることから、安心できる会社と判断できるでしょう。

株式会社シーラの会社概要

名称 株式会社シーラ
本社所在地 〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア7F
代表者 湯藤 善行
設立年月 2010年9月29日
資本金 170,000,000円
事業内容 不動産売買
マンション開発
賃貸
管理および仲介
不動産クラウドファンディング
免許番号 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9715号
マンション管理業 国土交通大臣(2)第034026号
不動産特定共同事業許認可番号 東京都知事 第155号
不動産特定共同事業 第1号及び第2号事業者
特定建設業 東京都知事 許可(特-3)第154266号
所属団体 (公社)東京都宅地建物取引業協会会員
(公社)全国宅地建物取引業保証協会会員

まとめ

利回りくんは、不動産を通して社会貢献・地域創生したい方や夢を叶えたい方に不動産を使ってもらうことで収益を得るという「生きたお金の使い方ができるプラットフォーム」です。

利回りくんの4つのポイントを以下にまとめてみました。

  • 投資が社会貢献・地域創生に繋がる
  • 有名人のプロジェクトに関われる
  • 1万円から投資可能
  • 楽天ポイントが貯まる

単なる不動産投資だけではなく、不動産を通して社会貢献したいと考えている方におすすめです。

評判を見てみると、「不動産投資をしつつ楽天ポイントがもらえるので2重でお得だ」と喜びの声が投稿されていました。

一方で、投資期間が10年と長いファンドもあり、「ちゃんと資金が返ってくるのか心配」という声もありました。

良いところと悪いところを比較した上で、興味がある方は一度プロジェクトをチェックしてみてください。

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。 TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA