みんなの年金の評判・口コミは?利回りや会社の安定性はどう?不動産のプロが解説

今後、日本の年金は支給年齢の引き上げや給付額の引き下げが予想されます。

そのため、「年金だけでは生きていけない」と不安に感じている方も多いでしょう。

そこで最近では、将来の収入を得るために投資を始める方が増えています。

投資の中でも近年特に注目されているのが、不動産投資型クラウドファンディングです。

不動産投資型クラウドファンディングは比較的簡単に始められるだけでなく、利回りの高さや手軽さ・リスクの低さなども魅力的と言えます。

みんなの年金は、2021年3月1日に1号ファンドの募集が始まった、比較的新しい不動産投資型クラウドファンディングです。

東京都内や横浜など首都圏を中心とした、区分ワンルームへの不動産投資を行っています。

リスクの低い首都圏の不動産に投資しているにも関わらず、利回りは8%と他社のサービスと比較しても高いです。

この記事では、みんなの年金の評判や口コミ、メリット・デメリットについて紹介します。

老後の年金対策として投資を始めたい方や、首都圏の不動産に投資をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。 TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

みんなの年金は詐欺?評判・口コミをブログやTwitterから紹介!

低リスク・低コストで資産運用ができるみんなの年金ですが、利用者の声も気になるところです。

みんなの年金の利用者の評判・口コミを、Twitterやブログなどからピックアップして紹介します。

みんなの年金の良い口コミ・評判

まず、みんなの年金の良い口コミ・評判について紹介していきましょう。

30代会社員・男性

「将来の年金がもらえるのか」「減額されるのでは」と不安で悩んでいたところ、みんなの年金をネット広告で見て非常に興味を持ちました。

利回りも8%と高く、1口10万円~ですが貯金を崩して3口購入したので、分配金の受け取りが楽しみです。

60代年金受給者・男性

退職金の投資先を探していたところ、みんなの年金を見つけました。

リスクの低さ、手間がいらないという点に非常に興味があり、10口程度購入を検討しています。

みんなの年金の悪い口コミ・評判

次は、みんなの年金の悪い口コミ・評判について紹介していきます。

30代投資家・男性

利回りの高さから、少し大きく投資をしようと思って募集要項を見ました。

投資先が区分マンションで金額が低く、募集口数が少ないので、現在の募集ファンド内では投資を検討できません。

40代主婦・女性

みんなの年金だけでなく、不動産クラウドファンディング自体がよくわからないので不安です。

もう少し勉強してから投資を検討したいと思います。

みんなの年金の特徴を一挙解説!

みんなの年金は、「株式会社ネクサスエージェント」が運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

「みんなでつくる、みんなでふやす」をコンセプトとして掲げており、「手間は少なく、リスクは小さく、初期費用は少なく」といったメリットの多い資産運用ができます。

投資先は都市部の区分マンションなので、リスクも非常に低いです。

ここでは、みんなの年金の5つの特徴について紹介します。

  • 8.0%の高い利回り
  • 10%~30%程度の元本割れリスクを抑えた優先劣後システムを採用
  • 低リスクで手間がかからない
  • 10万円から投資が可能
  • 2か月に1回の分配金

みんなの年金の特徴1. 8.0%の高い利回り

不動産投資信託商品のJ-REITの予想平均利回りは、4.3%程度です。

みんなの年金と同じ不動産投資型クラウドファンディングでも、年間予想分配金は4.0%程度と言われています。

一方みんなの年金では、2022年11月までに掲載されているファンドを見てみると、43件すべての予定年分配率が8.0%となっています。

他社サービスと比較すると約2倍という高利回りになっているので、分配金を多く受け取りたい方におすすめです。

みんなの年金の特徴2. 10%~30%程度の元本割れリスクを抑えた優先劣後システムを採用

不動産投資商品で怖いのが、元本割れのリスクです。

いくら分配金がきちんと払われても、最終的に清算する際に不動産の価値が下がっていると、返金される元本が目減りしてしまいます。

みんなの年金は、元本割れを抑えるために「優先劣後システム」を採用しています。

優先劣後システムとは、投資家を優先出資者、運営会社を劣後出資者と定義して、優先出資者に優先して分配金を入金したり元本を償還したりするという仕組みのことです。

みんなの年金では、劣後部分として全体投資額の10%~30%を運営会社が負担します。

劣後部分の範囲内であれば、不動産の価値が下がっても元本割れすることはありません。

投資家にとって、安心できるシステムと言えるでしょう。

みんなの年金の特徴3.低リスクで手間がかからない

不動産投資型クラウドファンディングでは、利回りを高くするために地方へ投資する商品も多いです。

しかし、みんなの年金は、リスクの少ない都市部の区分マンションへの投資を行っています。

不動産の投資や運用などについては、みんなの年金の運営会社がすべて行ってくれるので、投資家は通帳にお金が入るのを確認するだけで、ほとんど手間がかかりません。

みんなの年金の特徴4. 10万円から投資が可能

みんなの年金は、1口10万から投資できます。

1号ファンドは1口100万で募集していましたが、2号と3号が50万、そして4号ファンド以降は10万と、投資家が買いやすいよう募集単位の引き下げが段階的に行われてきました。

18号ファンドからは再び1口50万円からと上がっていますが、20号ファンド以降は、すべて1口10万円で投資ができるようになっています。

みんなの年金の特徴5. 2か月に1回の分配金

不動産投資型クラウドファンディングでは、投資期間の最後に分配金がまとめて支払われる商品もたくさんあります。

ですから、投資期間が終わるまでは、本当に支払ってもらえるのか心配になってしまうでしょう。

しかしみんなの年金では、たとえば投資期間が1年の場合だと、年6回奇数月に分配金が支払われるという仕組みになっています。

ですから、安心して投資することが可能です。

定期的に分配金を得たい方にとって、みんなの年金の分配サイクルは魅力的に感じるのではないでしょうか。

みんなの年金に投資する人は怪しい?注意点とデメリットについても解説

みんなの年金は、低リスク・低コストで行えるだけでなく、利回りが8%と非常に魅力的な不動産投資商品であると紹介してきました。

しかし、やはり注意点やデメリットもあります。

みんなの年金における注意点とデメリットは、以下の4つです。

  • 募集口数が少ない
  • 償還実績がまだ少ない
  • 中途解約が難しい
  • 損益通算(節税)ができない

それぞれ詳しく解説していきます。

みんなの年金の注意点・デメリット1.募集口数が少ない

他社のサービスでは募集金額が数千万~数億といった案件が多いのに対し、みんなの年金は数100万~1,000万台の物件もあります。

そのため募集口数が少なく、50口程度となっていました。

最近では4,000万台をこえるファンドも組成されはじめ、以前と比べると投資しやすくなっています。

とはいえ、1億円をこえる大型案件はまだ組成されておらず、先着順であっという間に完売してしまうことも少なくありません。

みんなの年金の注意点・デメリット2.償還実績がまだ少ない

みんなの年金では、2021年3月に発売された1号ファンドの最初の償還日が2022年3月31日なので、償還実績がまだ少ないです。

2022年12月時点で、運用が終了しているファンドは8件しかありません。

分配金は2ヶ月に1回なので心配ないですが、償還時に不動産価格が下がると元本割れするリスクもあります。

ただ、リスクの低い都市部の区分マンションが投資先なので、元本割れするリスクは低いでしょう。

みんなの年金の注意点・デメリット3.中途解約が難しい

みんなの年金は運用期間が決まっており、運用期間中の解約は難しいです。

公式サイト上では「やむを得ないご事情がある場合のみ可能です。但し、解約事務手数料を申し受ける場合がございます。」と記載されています。

ファンドごとに契約内容も違うので確認する必要がありますが、基本的には中途解約できないと考えた方が良いでしょう。

みんなの年金の注意点・デメリット4.損益通算(節税)できない

みんなの年金で得た分配金は「雑所得」になります。

株式投資では損益通算ができますが、みんなの年金の分配金は損益通算に使えないので注意しましょう。

なお、損益通算できないというのは不動産投資型クラウドファンディング全体に共通した点であり、みんなの年金特有のデメリットではありません。

みんなの年金の会員登録の方法を解説!

みんなの年金で投資するには、新規会員登録を行う必要があります。

具体的なステップは以下の手順となっています。

  1. 新規会員登録
  2. 本会員登録
  3. 本人確認
  4. 会員登録完了

1.会員登録

まずはみんなの年金のホームページへアクセスして、右上の「新規登録」をクリックしてください。

メールアドレスとパスワードを入力して送信します。

2.投資家登録

登録したメールアドレスに会員本登録のメールが送られてきますので、URLをクリックして必要情報を入力しましょう。

本人確認を行うと、投資家登録が完了です。

3.払戻口座の登録と投資口座の開設

マイページから、払戻用の口座を登録しましょう。

登録を行うと、自動的に入金専用の投資口座が開設されます。

4.投資口座へ入金(振込手数料は自己負担)

開設された口座に入金すれば、ファンドに応募できるようになります。

なお、出資金の振込み手数料、投資口座から払い戻す際の振込み手数料は自己負担となっているため、注意しましょう。

みんなの年金のキャンペーン情報

不動産投資型クラウドファンディングのサービスでは、新規登録や出資で、ギフト券などがもらえるキャンペーンが行われることが多いです。

みんなの年金でもキャンペーンは行われているのか、調べてみました。

みんなの年金ではキャンペーンは行われていない(2022年12月時点)

みんなの年金では、2022年12月時点ではキャンペーンは行われていません。

また、過去にもキャンペーンは開催されていないようです。

ただし、今後開催される可能性はありますので、最新情報は公式サイトで確認してみてください。

みんなの年金の運営会社の情報

みんなの年金の運営会社は、「株式会社ネクサスエージェント」です。

ネクサスエージェントは、みんなの年金の不動産特定共同事業だけでなく、投資用不動産WEB流通プラットフォームブランド『イエリーチ』も運営しています。

さらに、ビットコインでの不動産購入システム『イエリーチBTC決済』など、AIやブロックチェーンを使った最新技術の開発も行っています。

株式会社ネクサスエージェント(代表:岩田 講典)の会社概要

会社名 株式会社ネクサスエージェント
代表者 岩田 講典
設立年 2016年1月
資本金 1億円
所在地 大阪府大阪市中央区島之内1丁目21番19号オリエンタル堺筋ビル4F
許可番号 宅建免許番号 国土交通大臣(1)第9256号
賃貸住宅管理業登録番号 国土交通大臣(2)第2536号
不動産特定共同事業 大阪府知事 第14号
事業内容 資産運用コンサルティング事業
資産運用コンシェルジュ事業
相続対策コンサルティング事業
不動産売買仲介、不動産販売、不動産管理
所属団体 公益社団法人 全日本不動産協会
会社HP https://nexus-agent.com/

まとめ

みんなの年金は、株式会社ネクサスエージェントが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。

みんなの年金におけるファンドの最低募集金額は10万円ですが、案件によって異なります。

年間6回の分配金の支払いがあるなど、少ない自己資金でも安心して投資できる不動産投資商品です。

口コミを見てみると、年金に不安をもった方が、将来への備えとして実際に投資を始めていました。

2021年3月に1号ファンドが募集開始されたため、2022年12月時点での償還実績は8件とまだ少ないです。

しかし、投資先は東京都や福岡などの都市部区分マンションなので、リスクは低いと言えるでしょう。

将来の年金が不安な方や余裕資金を投資に回したい方は、みんなの年金への投資を検討してみてはいかがでしょうか。

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。 TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA