CREAL(クリアル)の評判・口コミは?利回りや会社の安定性はどう?不動産のプロが解説

「CREALの評判ってどんな感じ?」

「CREALの運営会社は信頼できるの?」

「CREAL」の利用を検討している方は、このような点が気になるのではないでしょうか。

初めて取引する業者に対して、「本当に安全かな?」と不安を持ってしまいますよね。

不動産投資型クラウドファンディングの取引を成功させるためには、そのサービスの特徴や運営会社の情報を事前にしっかり理解しておくことが重要です。

サービスによっては元本保証がないことも多いため、選択を誤ってしまうと運営会社が倒産したときに大きな損失を出しかねません。

今回紹介するCREALは、安心して投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

本記事では、CREALの評判や口コミ・運営会社などについて紹介していきます。

不動産投資型クラウドファンディングの業者を選ぶ際の参考になる内容ですので、ぜひ最後までお読み下さい。

CREALの公式サイトはこちら⇒

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。

TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

CREAL(クリアル)に関する口コミ・評判・感想まとめ

「CREAL(クリアル)」とは、クリアル株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングのことです。

少ない資金で簡単に始められる不動産投資として人気があります。

しかし、実際にCREALを利用した人の口コミや感想も気になりますよね。

そこで、CREALのホームページ・Twitterから口コミや感想を一部抜粋してみました。

CREAL(クリアル)ホームページのお客様インタビューから抜粋

CREALのホームページのお客様インタビューから、CREALを利用してみた印象について紹介します。

引用元:お客様インタビュー アーカイブ | 不動産投資クラウドファンディング CREAL(クリアル)

30代会社員の方

「CREALの印象は他のサービスよりも情報開示が多いイメージを持っています。

他にも、保育園や学校、オフィスビルなど幅広い種類の不動産に投資できるのは特徴だと思います。」

40代会社員の方

「セミナーに参加したことでCREALを知りました。

内容は少し難しかったのですが、丁寧に質問にお答えいただき勉強になりました。

このセミナーがきっかけで、CREALで投資を始めました。

保育園やホテルなどの商品があり、投資していておもしろいです。

また、情報開示がしっかりしていて、運営側がきちんと調査していると感じています。」

以上の感想により、情報が多く特徴的な不動産に投資できるのがCREALの特徴ということが分かりますね。

Twitterでの評判・口コミ・感想

Twitterでも、CREALの評判や口コミがたくさん投稿されていました。

その中からいくつか紹介します。

CREAL(クリアル)の評判・口コミツイート①

CREAL(クリアル)の評判・口コミツイート②

CREAL(クリアル)の評判・口コミツイート③

CREAL(クリアル)の評判・口コミツイート④

CREAL(クリアル)の評判・口コミツイート⑤

CREAL(クリアル)の評判・口コミツイート⑥

人気の案件はすぐに埋まってしまうことから、やはり信頼性が高い不動産投資型クラウドファンディングであることが分かります。

CREALはツイッターの運用も積極的に行っているため、中の人とコミュニケーションが取れることも安心ですよね。

人気や実績が上がり続けていて、最も活気のある不動産投資型クラウドファンディングの一つと言えるでしょう。

CREALの公式サイトはこちら⇒

CREAL(クリアル)の特徴を一挙解説

ここまでCREALの口コミや感想について紹介してきました。

それらを踏まえて、ここからはCREALの特徴について解説していきます。

CREALの特徴は、以下の8項目です。

  • CREALの想定利回り3.0%〜8.0%程度
  • 過去のファンド募集実績
  • 過去のファンド運用実績
  • CREALの運営会社の安定性
  • CREALの投資不動産の種類・ラインナップ
  • 最低投資額は1万円から
  • 優先劣後出資の有無と割合
  • ファンドの運用期間は6か月〜24か月程度

それぞれ重要なポイントになるので、詳しく見ていきましょう。

CREAL(クリアル)の特徴1.想定利回り3.0%〜8.0%程度

CREALの想定利回りは3.0%〜8.0%程度です。

これまで募集されていた案件を見ると、最も多いのは想定利回りが4.0%〜4.5%のファンドです。

平均的な不動産投資型クラウドファンディングにおける想定利回りも4.0%〜4.5%あたりなので、業界として見ても標準レベルと言えるでしょう。

実際にファンドの実績を確認しても、5.0%を超える案件はそれほど多くありません。

過去募集されたファンド「(仮称)Rakuten STAY 富士河口湖駅」の利回りは8.0%でしたが、この数字をこえるファンドはいまだに組成されていません。

5.0%以上の利回りの高いファンドに投資を行うなら、早期に決断することが重要です。

CREAL(クリアル)の特徴2.過去のファンド募集実績

過去に募集したクラウドファンディングは2022年12月時点では69件で、資金調達の実績があります。

また、募集金額は1,360万円のものから9億4,300万円のものまで幅広く募集されていました。

人気の案件は募集してから短時間で満額になるため、気になるものがあれば素早く投資するのがポイントです。

CREAL(クリアル)の特徴3.過去のファンド運用実績

運用が終了した案件は2022年12月時点で53件あります。

また2022年9月時点では、全ての案件で想定利回りの収入が配当されており、元本割れもしていません。

よって、信頼性が高い不動産投資型クラウドファンディングと言えます。

CREAL(クリアル)の特徴4.運営会社の安定性

運営会社のクリアル株式会社は2011年に設立されました。

不動産アセットマネジメント事業やヘルスケアファンド事業、クラウドファンディング事業を行っています。

さらに2018年には資産運用額が300億を超えており、2019年11月には不動産投資型クラウドファンディング事業の運用資産残高No.1を達成しました。

そこから、運用資産残高は4年連続で1位※となっています。

このように実績もある上、投資家からも高く評価されている安心できる運営会社です。

※1 日本マーケティングリサーチ機構調べ 2022年7月期指定テーマ領域における市場調査

CREAL(クリアル)の特徴5.投資不動産の種類・ラインナップ

CREALの投資不動産の種類は、一棟マンションが最も多いです。

他にも、ホテル・保育所・学校・オフィスなども取り扱いがあります。

ホテルにおいては楽天LIFULL STAY株式会社と業務提携契約し、ホテルを建設して運用するという開発段階からファンドを組成する案件なども取り扱っています。

このように、CREALでは賃貸マンションのような通常の物件だけでなく、保育所や学校といった社会貢献できるような不動産投資ができるのも特徴です。

CREAL(クリアル)の特徴6.最低投資額は1万円から

CREALでは最低投資額が1万円と、少額からの投資が可能です。

そのため、複数のクラウドファンディングに投資をしてリスク分散することが簡単にできます。

通常の不動産投資と違って1万円から不動産投資を行えるため、資金が少ない初心者の方におすすめです。

ちなみに募集金額が低い区分マンションのクラウドファンディングでは、最大投資金額が10万円と決められている案件もあります。

高額な金額を投資したいという方は、必ず最大投資額を確認するようにしてください。

CREAL(クリアル)の特徴7.優先劣後出資の有無と割合

CREALでは優先劣後システムを採用しています。

優先劣後システムとは、売却して損失が出た場合に出資金を事業者と投資家に分けて、投資家の出資金を優先して返却する方法です。

例えば、投資家の出資金が8,000万円で事業者の出資金が2,000万円で合計1億円のファンドで損失が2,000万円出たとします。

その場合は、投資家の8,000万円を先に返却して事業者の2,000万円を損失にあてる形になります。

このように、元本保証がない代わりに優先劣後出資を採用しているので、安心です。

ちなみに、運営会社であるクリアル株式会社も5%〜20%程度の出資を行っています。

CREAL(クリアル)の特徴8.ファンドの運用期間は6か月〜24か月程度

ファンドの運用期間は6か月〜24か月程度です。

案件別に見ると、区分マンションのようなファンドは運用期間が6か月〜12か月が多く、ホテルや保育園などは12か月〜24か月になります。

このように、投資不動産の違いによって運用期間も異なるので、自分の投資計画にあったファンドを選ぶようにしましょう。

CREAL(クリアル)はTポイントも貯まる(金利0.5%アップ)

CREALは、Tポイントと提携していることも特徴です。

投資額200円につき1ポイントが貯まるため、金利換算すれば0.5%上がることになりますよね。

付与されるTポイントには税金がかからないことも大きなメリットです。

以前はさらにポイント付与率が上がるキャンペーンを実施していました。

今後も同様のキャンペーンが行われる可能性があるので、まだ登録していない方はぜひチェックしてみてください。

CREALの公式サイトはこちら⇒

CREAL(クリアル)に実際に投資している筆者の評判は?おすすめできる?

筆者はほぼ全ての不動産投資型クラウドファンディングに投資をしており、その数は10社以上です。

もちろん業界大手のクリアルにも投資しておりますが、他のサービスと比べると投資額が多いと言えます。

そこでここからは、現役投資家の視点から見て「クリアルはおすすめできるサービスかどうか」を解説していきます。

CREAL(クリアル)は大型ファンドが多くクリック合戦が苦手でも投資しやすい

クリアルは他社と比べても大型のファンドを組成してくれます。

不動産投資型クラウドファンディングはファンドによっては注目度が高いです。

例えば、2,000万円~3,000万円程度のファンドだと1分足らずで完売してしまうケースも珍しくありません。

その中で、クリアルは億を超えるファンドを組成してくれます。

さらに、募集頻度が高いのも大きなメリットです。

「投資をしたいけど、クリック合戦でいつも負けてしまう!」という方でも、クリアルなら投資できるチャンスがあるでしょう。

もちろん案件の質も悪くなく、総合的にもおすすめできるサービスとなっています。

CREAL(クリアル)のセミナーの評判もよい

クリアルはセミナーの実施もよく行っており、筆者も何度か参加したことがあります。

単にファンドの宣伝をするだけではなく従来型の不動産投資との違いなども学べて、知識としても役に立ちます。

筆者が参加した会はクリアルの役員の方が出席されていて、投資家からの懸念について誠実に受け答えされていました。

実際に顔を出して投資家対応している姿勢からも、信頼度の高い不動産投資型クラウドファンディングだと思います。

CREALは怪しい?デメリット面はあるのか解説

「クリアルは怪しくないのか?」「デメリット面はあるのか?」といった疑問についてお答えしていきます。

結論から言うと、クリアルは怪しい投資先ではありません。

だからといって、盲目的に信頼しないよう気をつけましょう。

以下の点について、これから紹介していきます。

  • 運営会社と過去実績はしっかりしている
  • デメリット面は元本割れリスクがあること
  • 資金拘束期間がある

運営会社と過去実績はしっかりしている

「クリアルは怪しいサービスじゃないの?」と不安に思う方もいるでしょう。

結論から言うと、クリアルというサービスは怪しくありません。

その根拠として、運営会社がしっかりしていることが挙げられます。

まず過去の運用実績を見ても、元本割れが起こったことはありません。(2022年12月時点)

ですから運営している企業の素性が分からなかったり、投資したお金がなくなってしまったりといったことはないので、比較的安心できる投資先と言えるでしょう。

デメリット面は元本割れのリスクがある

やはり投資である以上、元本割れのリスクが全くないとは言えません。

2022年12月時点まで、配当遅延や元本割れはないと公式サイトで書かれていますが、今後もしかしたら起こってしまう可能性も考えられます。

しかし、クリアル株式会社の元本割れがないという過去実績は大きな安心材料です。

元本割れがある投資先も中にはあるので、過去に元本割れがあったサービスのファンドよりは、クリアルに投資する方が安心できるでしょう。

資金拘束期間がある

クリアルは比較的投資期間が短いですが、資金拘束期間があります。

投資している期間中に、お金を引き出すことはできませんので、投資する際はご注意ください。

急な支出に対応できないことも考慮しながら、投資を始めていきましょう。

CREALの公式サイトはこちら⇒

CREAL(クリアル)はほったらかしで不動産投資ができる

クリアルは不動産投資型クラウドファンディングサービスですが、従来型の不動産投資と比べると圧倒的に楽です。

時間やコスト、専門知識が不要であるという点だけでも非常に大きなメリットと言えます。

ここでは、従来型の不動産投資を行う大変さを解説しつつ、クリアルならどれだけ簡単に行えるのかを紹介していきます。

CREAL(クリアル)ではなく従来型の不動産投資のプロセス

クリアルではなく従来型のやり方で不動産投資を始める場合、まずは良い物件を見つけるところから始まります。

この物件選びが、最も重要かつ難しいと言えるでしょう。

変な物件を掴まされてしまうと、借金だけが残るような大惨事になってしまうからです。

物件の目利きは、ホームページだけでは不十分と言えます。

不動産屋に資料請求し、物件見学をして実際に自分の目で見極めることが必要です。

そのためには、経験や専門知識は必須ですよね。

そして買うと決めたら、すぐに買付申し込みをします。

場合によっては、そこで金額交渉が発生するかもしれません。

銀行への融資相談は、ほぼ全ての人にとって必要でしょう。

手付金を支払ってから売買契約を締結し、それと同時に銀行からは借用書となる金銭消費貸借契約を結びます。

その後決済を行い、仲介手数料や登記費用など諸経費を支払ってようやく物件の準備が整います。

CREAL(クリアル)でない不動産投資は仕事になってしまう

物件を購入しただけでは、一切収入が入らないどころか空室が続くほど損をしてしまいます。

ですから、すぐに入居者を探して入れなければなりません。

入居者との契約を結べばようやく家賃収入が入ってきますが、その後は賃貸管理が待っています。

苦情対応などを含むため、いつ呼び出されるか分かりません。

これは物件を売却するまでずっと続くことです。

さらに管理だけでなく、税金などの手続きも手間がかかります。

しかしクリアルならこれら全てをやってもらえるため、ほったらかしすることができます。

これだけでも間違いなく楽でお得だと言えますよね。

CREAL(クリアル)は優先劣後システムの導入で投資家のリスクを低減

クリアルは「優先劣後システム」という、投資家にとってかなりお得な方法を導入しています。

優先劣後システムとは、投資をする同じ不動産物件に対して、投資家だけではなくクリアルの運営会社も出資をするという共同出資の仕組みです。

つまり、クリアルも投資家と同様かそれ以上にリスクを負うことになるので、投資先の物件選定にはより専門性を発揮して力を入れることになります。

ですから、投資家としては投資の信頼性が高まる仕組みと言えるでしょう。

これと対照的な例として挙げられるのが、証券会社です。

彼らの収入源は手数料なので、投資家が株で儲けようが損をしようが会社の利害には関係ありません。

そのため、証券会社が推奨している株式を信用しすぎて買うことは、あまりおすすめできないと言えます。

投資家にとにかく買わせて売却させることが証券会社の目的だからです。

これは不動産投資型クラウドファンディングと株式投資の良し悪しではなく、ビジネスの種類が異なるという話です。

もちろん株式投資をしない方がよいという話ではありません。

一方でクリアルは、投資家と同じリスクを負います。

投資する不動産物件で利益を出すことが目的で、投資家と利害が一致しているため、信頼性が高いと言えます。

ですから一般投資家にとって、とてもメリットのある投資の種類となるでしょう。

CREAL(クリアル)の優先劣後システムは投資家の元本と利回りまで守る

「万が一、家賃収入が減ったり物件価格が下がったりすることで、投資収益が落ちてしまったら…」と考えると心配ですよね。

しかしクリアルでは、クリアルの出資分の全てが無くなるまで投資家は一切損をしないというシステムを採用しているため安心です。

優先劣後システムは投資家にとって、とても大きな利点と言えるでしょう。

これは投資家の元本だけではなく利回り分まで守られるという非常に有利なシステムなのです。

クリアルではこのように、物件の選定から買付・運用管理・投資のリスク対策まで全てサポートしてくれます。

つまり投資家にとってはほったらかしなのに好条件という、間違いなく有利な投資ができるわけです。

クリアルでの投資は、失敗リスクが低く儲かる確率はさらに上がると考えられます。

CREALの公式サイトはこちら⇒

CREAL(クリアル)の会員登録の手順を簡単紹介

CREALの会員登録は、以下の3つの手順で行います。

  1. CREALのサイトから会員登録
  2. ログインして、サイトから投資家登録
  3. 専用口座に入金

それぞれ詳しく説明します。

ステップ1.CREAL(クリアル)のサイトから会員登録

CREALの公式サイトの「会員登録」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力するだけで、ファンドの詳細などを見ることが可能です。

ステップ2.ログインして、サイトから投資家登録

会員登録後、CREALのサイトから住所などの個人情報を登録します。

登録住所にはがきが届くので、記載された確認キーをサイト上で登録すれば投資家登録完了です。

ステップ3.専用口座に入金

投資家登録が完了することで、専用口座が開設されます。

この専用口座に投資資金を入金することで、クラウドファンディングに投資できます。

CREAL(クリアル)の運営会社情報

CREALの運営会社は「クリアル株式会社」です。

2011年に設立された会社で、クラウドファンディング事業だけなく、アセットマネジメント事業などの複数の事業を行っています。

2022年4月末時点の運用資産残高は350億円あり、投資家から支持されている会社です。

2021年3月に、「株式会社ブリッジ・シー・キャピタル」から「クリアル株式会社」に社名変更されました。

さらに2022年4月には東京証券取引所 グロース市場に上場を果たしました。

このように、今後もさらなる飛躍が期待される会社と判断できるでしょう。

CREALの運営会社は業界のリーディングカンパニー

CREALは、運用資産残高が業界トップです。

運営会社は不動産投資型クラウドファンディングのシステムをOEM提供しています。

運営会社の安定度や今後の発展についても信頼できる実績がありますよね。

CREALはヘルスケア不動産投資も強力に推進

クリアルはヘルスケア不動産への投資をより強力に推進するために、ヘルスケア不動産(介護施設、病院等)の証券化マーケットの第一人者を採用する取り組みも行っています。

既存のファンド組成だけではなく、さらなる発展や拡大も視野に入れているということですよね。

リーディングカンパニーなだけあって、安心感が高く今後の動向にも非常に期待できます。

クリアル株式会社の会社概要

クリアル株式会社の詳しい会社情報は以下の通りです。

会社名 クリアル株式会社
設立日 2011年5月11日
資本金 1,293,710,800円(資本準備金含む)
代表者 横田 大造
本社住所 〒110-0015
東京都台東区東上野2-13-2 CREAL UENO

まとめ

不動産投資型クラウドファンディングは少額の資金で投資がでも行えるため、不動産投資が気軽にできるサービスです。

そのため、初心者でも安心して投資を始められます。

しかし運営会社がしっかりしていないと、倒産や元本割れによって大損しかねません。

そのため不動産投資型クラウドファンディングを成功させるためには、投資会社について正確な知識を持っておくことが重要です。

そこで本記事では、不動産投資型クラウドファンディングを実施している会社の一つとして、CREALとその運営会社であるクリアル株式会社について詳しく解説しました。

実際に投資をしている投資家の声も紹介することで、投資をする具体的なイメージができたのではないでしょうか。

投資家によるクリアルの評判や口コミは上々で、安心できる投資先だと判断できます。

利回りはファンドにもよりますが4.0%~4.5%程度と、不動産投資型クラウドファンディングサービスの平均値くらいです。

ですが優先劣後システムにより、投資家の元本がある程度守られる仕組みを採用しています。

そのため、利回り以上のメリットを感じられるのではないでしょうか。

運営会社であるクリアル株式会社は2022年4月に東京証券取引所グロース市場への上場を果たした、勢いのある会社です。

不動産投資のプロセスにおけるDXを推進しており、不動産運用を通して資産運用サービスを提供していく姿勢を見せています。

本記事を最後まで読んで頂いた方は、CREALの特徴について十分に理解して頂けたでしょう。

もし不動産投資型クラウドファンディングを検討しているのであれば、この記事の内容をぜひ参考にされてみてください。

CREALの公式サイトはこちら⇒

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。

TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。

海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA