A fundingの評判・口コミは?利回りや会社の安定性は?不動産のプロが解説

「A fundingの評判や口コミはどんな感じ?」

「A fundingに投資したいけど、運営会社を信頼しても大丈夫?」

A fundingで投資を始めようかどうか迷っている方は、このように思われているのではないでしょうか?

投資先の特徴や運営会社のことを知らないまま、不動産投資型クラウドファンディングに投資をして損してしまったという話は珍しくありません。

ですから、不動産投資型クラウドファンディングへの投資を検討している場合、利用する前にサービスの特徴や運営会社のことをよく知っておかなければなりません。

そこで本サイトでは、不動産投資型クラウドファンディングについて紹介しています。

この記事では「A funding」という新しい不動産投資型クラウドファンディングと、その運営会社について詳しく解説していきます。

不動産投資型クラウドファンディングを利用した投資を検討している方は、この記事をぜひ参考にしてみてください。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。

TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。 海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

A fundingに関する口コミ・評判・感想まとめ

TwitterでのA fundingの口コミや評判を紹介します。

A fundingに関する口コミ・評判ツイート①

A fundingに関する口コミ・評判ツイート②

A fundingに関する口コミ・評判ツイート③


A fundingに関する口コミ・評判ツイート④

A fundingに関する口コミ・評判ツイート⑤

A fundingに関する口コミ・評判ツイート⑥

口コミの内容から判断すると、A fundingの1号案件は、想定利回りを上回る分配金が配られたことが分かります。

また、一度投資を行った人には、新規案件に対して優先的に申し込みできる仕組みがあるようです。

そのため募集された案件では、開始から1日で応募が埋まることもあります。

したがって、どうしてもA fundingで投資をしたい方は、募集開始時刻と同時に申し込むのがおすすめです。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingの特徴を一挙解説

冒頭でも述べたように、不動産投資型クラウドファンディングを始めるならサービスの特徴を事前に知っておくことが非常に重要です。

ここでは、A fundingの特徴について紹介していきます。

A fundingの特徴は以下の9項目です。

  • A fundingの想定利回り
  • 過去のファンド募集実績
  • 過去のファンド運用実績
  • A fundingの運営会社の安定性
  • A fundingの投資不動産の種類・ラインナップ
  • 最低投資額
  • 優先劣後出資の有無と割合
  • ファンドの運用期間
  • 入金と出金などの手数料

それぞれ重要なポイントになるので、詳しく見ていきましょう。

A fundingの特徴1.想定利回り

A fundingの特徴1.想定利回り

A fundingは他のクラウドファンディングと比較して、想定利回りが高めに設定されています。

具体的な数字は4.5%〜6%です。

ただし、2022年11月時点で募集案件が5件と少ないので、今後想定利回りが低い案件が出てくる可能性もあります。

また、想定利回りは年利換算ではなく、想定分配利回りというもので設定されています。

想定分配利回りの計算式は「分配金÷投資額」です。

そのため運用期間が6か月の場合でも、想定通りの運用がされたら想定分配利回り通りの分配金が配られることになります。

A fundingの特徴2.過去のファンド募集実績

A fundingの特徴2.過去のファンド募集実績

2022年11月時点で、募集実績のある案件は5件です。

第1号の案件の募集日が2020年1月14日であることを考えると、決して案件が多いとは言えません。

その理由は、第2号案件の募集時にシステムトラブルが原因で募集が中止されたからです。

このシステムトラブルにより、募集は7月までされませんでした。

その後7月に2件、11月に1件の案件が募集されていましたが、第5号案件以降ファンドの募集はされていません。

一方募集金額は2020年度で420万円〜875万円と、他の不動産投資型クラウドファンディングと比較したらかなり少額です。

しかし、2021年に募集された第5号不動産特定共同事業は1,750万円となっており、募集金額が拡大しています。

今後運用実績が増えて安定してくると、さらに募集金額の増加を期待できるでしょう。

A fundingの特徴3.過去のファンド運用実績

A fundingの特徴3.過去のファンド運用実績

A fundingで運用実績がある案件はそれほど多くありません。

しかも、詳しい運用実績は投資した人にしか公開されていないので実績の把握が難しいです。

ですが投資した人がTwitterなどで公開している運用実績を見てみると、問題なく償還されているようです。

それどころか、想定利回り以上の分配金が配当されており、非常に良い案件であったと評判になっています。

上記のように、想定利回りを上回る配当実績があるため、ある程度信頼できるはずです。

ファンドの募集はしばらくされていませんが、今後の実績にも注目していきたいですね。

A fundingの特徴4.運営会社の安定性

A fundingの特徴4.運営会社の安定性

A fundingの運営をしている会社は、株式会社アンビション DX ホールディングスです。

株式会社アンビション DX ホールディングスは、東京を中心にサブリース事業や不動産仲介事業を行っています。

特筆すべきは、創業からわずか7年で東証グロース市場に上場していることです。

比較的新しい会社ではありますが、東証グロース市場の上場企業ということから、安定性があると言えます。

A fundingの特徴5.投資不動産の種類・ラインナップ

A fundingの特徴5.投資不動産の種類・ラインナップ

A fundingの投資不動産の種類は区分マンションだけです。

第1号〜第5号の全ての案件で、中古マンションをリノベーションした物件を運用しています。

今後ラインナップが増えていくことは期待できますが、運営会社の株式会社アンビション DX ホールディングスの事業に沿ったマンションやアパートが中心になることが考えられています。

A fundingの特徴6.最低投資額は1口1万円から

A fundingの特徴6.最低投資額は1口1万円から

A fundingは1万円から投資が可能です。

このように最低投資金額が少ないため、投資に使える資金が少ない方でも投資できます。

ただし、募集金額は800万円代が多く、募集枠がすぐに埋まってしまうため注意が必要です。

実際に「A funding第4号不動産特定共同事業」の案件でも、募集金額の420万円に対して13人しか申し込みができていませんでした。

そのため、確実に申し込むためには募集開始時刻に応募することが重要です。

A fundingの特徴7.優先劣後出資の有無と割合

A fundingの特徴7.優先劣後出資の有無と割合

A fundingでは元本保証の代わりに「優先劣後」の仕組みを採用しています。

優先劣後とは、対象不動産に投資家と運営会社が出資を行い、不動産が値下がりした場合に一定金額の範囲内で値下がり金額を事業者が引き受けるという仕組みです。

事業者の出資割合はファンドによって異なりますが、おおよそ30%程度になります。

30%という数字は他の会社と比べて高めの数値で、国内でもトップクラスの出資割合といえます。

ただし、出資割合は今後変化する可能性もあるので、投資をする前に必ず確認するようにしてください。

A fundingの特徴8.ファンドの運用期間

A fundingの特徴8.ファンドの運用期間

ファンドの運用期間は6か月〜9か月で、他社と比べると短期間になります。

しかし、これからに期待できる不動産投資型クラウドファンディングであるため、今後12か月といった長期間の案件が増えてくる可能性も考えられるでしょう。

A fundingの特徴9.入出金などの手数料

入出金などの手数料

口座開設時の手数料は無料です。

ただし、振り込み時に手数料が必要となります。

詳細は、A funding公式サイトや各種金融機関を確認してみてください。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

A fundingの会員登録の手順を簡単紹介

A fundingの会員登録の手順は以下の3つです。

  1. A fundingのサイトから投資家仮登録を行う
  2. 認証メールのURLをクリックして個人情報を登録
  3. 本人確認のはがきを受け取り投資開始

それぞれについて説明します。

A fundingのサイトから投資家仮登録を行う

A fundingのサイトから「投資家登録」をクリックします。

メールアドレスを登録すると、認証メールが送付されます。

認証メールのURLをクリックして個人情報を登録

認証メールのURLをクリックして、個人情報を登録します。

その後、運転免許証や個人番号カードといった本人確認書類の画像をアップロードすれば、ひとまず完了です。

本人確認のはがきを受け取り投資開始

投資家登録を行ったら、審査が完了すると登録した住所にはがきが届きます。

はがきを受け取れば投資家として投資が可能です。

A fundingの運営会社情報

A fundingの運営をしている会社は、東証グロース市場上場の株式会社アンビション DX ホールディングスです。

2007年に設立された会社で、主にプロパティマネジメント事業などを行っております。

順調に売上を伸ばしていて右肩上がりの成長をしている、勢いのある会社です。

A fundingを運営するアンビション DX ホールディングスは「DX認定取得事業者」に選定

A fundingを運営する株式会社アンビション DX ホールディングスは「DX認定取得事業者」に選定されました。

DX認定取得事業者は優良な取組みを行う事業者のみ認定されるものなので、運営会社としての信頼性も高いですね。

株式会社アンビション DX ホールディングスの会社概要

株式会社アンビション DX ホールディングスの詳しい会社情報は以下の通りです。

会社名 株式会社アンビション DX ホールディングス
設立日 2007年9月14日
資本金 3億7,978万円
代表者 清水 剛
本社住所 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-34-17住友不動産原宿ビル18F

まとめ

不動産投資型クラウドファンディングへの投資を成功させるために必要なのは、運営会社の業績や特徴を知ることです。

業績の悪い会社が運営している場合、倒産によって元本割れを起こすリスクが高くなるからです。

本サイトでは、さまざまな不動産投資型クラウドファンディングの詳細を紹介しています。

今回は、A fundingとその運営会社である株式会社アンビション DX ホールディングスについて解説しました。

運営会社の株式会社アンビション DX ホールディングスは東証グロース市場に上場している企業です。

売上が伸びていて勢いのある会社なので、安心して投資できるでしょう。

口コミを見ると「無事に運用が終了し、償還された」との報告がありました。

実績の少ないサービスでは「きちんと運用してくれるのか」と心配になる方もいると思いますが、実際に投資をしていた方の投稿は信頼できますね。

もし不動産投資型クラウドファンディングを検討しているなら、A fundingも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

A fundingの公式サイトはこちら⇒

投資のプロイチオシの「TECROWD」が3,000円アマゾンギフトキャンペーン中!(平均利回り9%超)

1口10万円など少額から不動産投資を始められる「不動産クラウドファンディング」が非常に人気です。

当サイトでも多くの不動産クラウドファンディングサービスを紹介していますが、現在勢いがあって人気の1社にTECROWDがあります。

TECROWDの唯一無二と言える特徴は、モンゴルやカザフスタンなど海外不動産のファンドに投資ができる点です。

馴染みのない国への投資は不安に思う方もいるでしょうが、モンゴルなどは経済が急成長していますし、運営会社はモンゴルにグループ会社を持っているため信頼性も問題ありません。

何より海外投資のメリットとしては国内に比べて利回りが高く、利回り10%前後のファンドも組成されています。

TECROWDは今まで元本割れゼロなので、利回りの高いファンドに安全に投資したい方におすすめです。 海外だけではなく国内でも高い利回りのファンドが組成されていますし、運営会社は建築会社としても実績豊富ですので今後の発展も期待できます。

またTECROWDは11月限定で、初めて投資をした人に3,000円のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン中です。

12月限定で予告なくキャンペーンが終了する可能性があるので、今のうちに会員登録を済ませておくことをおすすめします。

TECROWD公式サイトをチェック⇨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA